芸能人格付けチェックでのGACKT様が凄すぎる!その偉業の歴史をご紹介

芸能人格付けチェックでのGACKT様が凄すぎる!その偉業の歴史をご紹介

毎年正月などに放送されているテレビ朝日系列の人気特番、芸能人格付けチェック。その中でGACKTさんの成績が凄まじいと話題です!

今回はGACKTさんと格付けチェックの歴史について紹介します。

目次

芸能人格付けチェック GACKTの偉業の歴史

食べ物や飲み物、芸術品、音楽、マナーなど、様々なジャンルの二択及び三択問題が出される芸能人格付けチェック。「一流シェフが作った炒飯と冷凍食品の炒飯で、どっちがシェフの炒飯かを当てる」といった問題が出されるのですが、シンガーソングライターや俳優として活躍するGACKTさんは同番組で未だ無傷、個人として連勝記録を伸ばし続けているのです。他の出演者は多くが苦戦する中で、一人平然と正答を選び続ける様は正しく超一流芸能人ですよ!

GACKTはなぜ『格付けチェック』で無敗なのか? カリスマ性を支える“ストイックなこだわり”の正体 – モデルプレス (mdpr.jp)

2009年、第6弾に初参戦

GACKTさんが格付けチェックに初参戦したのは2009年のこと。第6弾に吉田秀彦さんとのチームで出演したGACKTさんは、見事全問正解で切り抜け一流芸能人の座をキープしました。以降、第7弾、第9弾、第10弾、第11弾、第12弾と出演した回では全て全問正解したGACKTさん。驚くべきは、この間GACKTさんだけでなく共に挑戦したパートナーも皆正答を続けていたこと。第12弾の段階でGACKTさんはパートナーが正解した分も合わせ、35連勝を成し遂げていました。

第13弾で連勝が止まるも……

しかし北山宏光さん、中山優馬さんと共に挑んだ第13弾では、同番組中にパートナーの二人が間違えてしまい、連勝記録は39連勝でストップすることに。番組中には連勝ストップに落ち込む姿もあったGACKTさんですが、番組終了後には「この近年ではほとんどの芸能人が(自分とチームで出演することを)断ってくる」と明かしており、極度のプレッシャーの中、共に挑んでくれた二人への感謝を露わにしています。なお、GACKTさん本人は全問題正答としていますよ。

その後も個人としての連勝は続く

以降はパートナーのミスで普通芸能人以下で終わることが増えてきたGACKTさん。ですが個人の連勝はその後も続いていき、YOSHIKIさんと共に挑んだ第15弾、第16弾はいずれも二人揃って全問正解、一流芸能人で番組を終えています。第20弾ではなんと相方のオファーが間に合わなかったため、一人で参戦することに。当然のように全問正解し、一流芸能人の座をキープしましたよ。

2024年放送の第21弾では離れ業を披露!

さて、GACKTさんの個人としての連勝は2024年1月の第21弾が終わった後も未だ続いています。連勝記録は76連勝と紹介されており、この連勝記録には39連勝以前の「チームとして無敗だった時代のパートナーの正答数」も含まれているものの、純粋な個人の連勝記録でも50は下らないでしょう。第21弾では「米を食べたい気持ちはあるが死ぬ時まで食べない」という自身のポリシーから、炒飯の問題にお米二粒だけを食べるという形で挑み、その米の質感から正答を見抜くという離れ業を披露しました。

しかし第21弾はまさかの結末に!?

そんなGACKTさんですが、ここまで正解していてもやはり「分からないことはある」とのことで、番組出演にはプレッシャーを感じているそうです。第20弾の一人での挑戦は精神的負担も大きく、第21弾ではDAIGOさんとペアを組んで挑みました。しかし、そのDAIGOさんが番組ラストの寿司をテーマにした問題で、「絶対ありえへん食材」と称された選択肢を選び、即「映す価値なし」に。チームメイトのGACKTさんも道連れとなり、「格付けチェック」では自身史上初の映す価値なしとなってしまったのでした。これにはGACKTさんもとても落ち込んでいましたよ。

最後に

今回はGACKTさんの芸能人格付けチェックでの歴史について紹介しました。

未だに連勝が途切れないGACKTさん。その連勝が一体どこまで続くのか、これからの活躍にも要注目です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次