テッシー(勅使河原秀行) の嫁は住谷文子さん?妻との馴れ初めやwikiプロフィール画像

旧統一教会の合同結婚式で元新体操選手・山崎浩子さんと過去に婚約された勅使河原秀行さん。

合同結婚式の際に、「テッシー」の愛称で一躍有名になりました。

山崎浩子さんとは入籍前に破局しています。

その後、勅使河原さんは住谷文子さんという女性と結婚されているという話が出ています。

今回は、勅使河原秀行さんの結婚された嫁(奥さん)、馴れ初めやプロフィールなどについてまとめます。

TOC

1、テッシー(勅使河原秀行) の嫁は住谷文子さん、wikiプロフィール

勅使河原秀行さんの嫁(奥さん)は、住谷文子さんという方のようです。

住谷文子さんは、旧統一教会の劇団「世界家族芸術団」に所属されていて、なんと女優として活躍されていた方。

とても美人だと話題です。

報道によると、住谷文子さんは勅使河原秀行さんより5歳年下。

お二人の間には4人のお子さんに恵まれているそうです。

ただ、一般のご家庭なので画像や詳しいプロフィールは公表されていらっしゃらないです。

「世界家族芸術団」についても画像などはネット上は見つかりませんでした。

勅使河原秀行さんは人望が厚く、教団のYoutube動画講師や人事部長を経て、2022年に教会改革推進本部の本部長に昇進されています。

2、テッシー(勅使河原秀行)と妻・住谷文子さんの馴れ初めは?

勅使河原秀行さんは2022年9月時点で、58か59歳のようです。

ご出身は愛知県一宮市。

勅使河原秀行さんと住谷文子さんの馴れ初めは、1995年8月25日の合同結婚式です。

山崎浩子さんが参加された合同結婚式の3年後のことです。

ご結婚についての詳しい内容は分かりませんでしたが、合同結婚式ということなので、結婚の直前にお二人はお会いされたのかもしれませんね。

3、テッシー(勅使河原秀行)と住谷文子さんの結婚以前は?

勅使河原秀行さんと住谷文子さんの結婚前の出来事について振り返ります。

勅使河原秀行さんは、1992年8月25日に韓国のソウルオリンピックスタジアムで旧統一教会による合同結婚式に参加されました。

そこで元新体操選手・山崎浩子さんと結婚予定でしたが、山崎浩子さんが母親を亡くしたばかりだったことから、母親の一周忌が過ぎるまでは入籍を先送りにしてほしいと相談を受けていたようです。

そして合同結婚式後、山崎浩子さんのお姉さんや親族の方、牧師さんが教団を脱退するように説得し続けました。

山崎浩子さんは説得を受けて脱退し、記者会見でその旨を発表しています。

その後山崎浩子さんは勅使河原さんに、牧師さんに会うよう勧めますが、会うことはなく関係が遠のいたようです。

勅使河原秀行さんは誠実な人柄なので、しばらく心をいためていらっしゃったのではないかと想像しました。

4、まとめ

今回は、勅使河原秀行さんの結婚された嫁(奥さん)についてお伝えしました。

ネットの情報によると「世界家族芸術団」に所属されていた女優の、住谷文子さんと結婚されたという話が出ています。

お子さんは4人いらっしゃるようです。

勅使河原秀行さんは2022年現在、教会改革推進本部の本部長に就任。

山崎浩子さんの現在についてはこちらの記事にまとめています。

Let's share this post !
TOC