當間ローズ(とうまローズ)が性格いい!エピソード3選!愛情深いふるさと大使で華道家

2022年にテレビでブレイク中のタレント、モデル、俳優の當間ローズ(とうまろーず)さん。

恋愛リアリティ番組のバチェロレッテで一躍有名になりました。

キャッチフレーズは「愛と筋肉のハイブリット」

筋肉がセクシーで、一見チャラい印象ですが、実は性格が良くて、愛情深い素敵な方ということがわかりました!

今回は、當間ローズさんが性格いい!エピソード3選をお伝えします。

これを読むと、當間ローズさんの新たな一面を発見できます。

TOC

1、當間ローズが性格いいエピソード①幼少期いじめにあったことがあり、人の痛みが分かる

當間ローズさんは、人の痛みが分かる優しい方です。

意外かもしれませんが、小学生のころは、いじめにあっていたようです。

當間ローズさんの家族構成はこちらです。

父、母、ローズ、双子の弟、妹2人 

6人家族

父親は日本人とイタリア系ブラジル人のハーフ、母親はブラジル人。

當間ローズさんは、ブラジルで生まれ、5才の時に日本に引っ越してきました。

小学校では日本語がうまく話せず、3年生のころ、いじめにあったことがあるようです。

そんな時、お母さまが、片言の日本語とジェスチャーで、いじめをなくしてほしいと学校に伝えに行ったようです。

つらかった過去と、勇気を出して行動した母親の存在。

當間ローズさんは、お母さまの苦労も分かっていて、お母さまが日本語がうまく話せない時は、通訳していたそうです。

ずっと家族が支えあってきたのですね。

そんな過去があるから、當間ローズさんは人の痛みや優しさを知っているのでしょうね。

當間ローズさんのツイッターで、母や家族を大切に思っていることが伝わってきますね。

ローズさんとお母さまのメッセージに、感動の声が相次ぎました。

2、當間ローズが性格いいエピソード②地元の静岡県湖西市のふるさと大使をつとめる

當間ローズさんは、2018年から地元の静岡県湖西市のふるさと大使をつとめています。

静岡県は、外国籍住民が多く住む地域です。

東京、愛知、三重に次いで、在住外国人が多いのが静岡県のようです。

當間ローズさんは、幼少期の経験から、海外から移住してきた子供たちが苦労しているのを知っています。

言葉の面だったり、人間関係であったり、経済的な苦労であったり。

當間ローズさんは、そんな海外ルーツの子供たちに勇気を与える星になりたいと話しています。

素晴らしい志で、ふるさと大使を務めていらっしゃるのですね。

2021年6月23日には、東京五輪の聖火ランナーとして、湖西市を走りました。

2019年の東京代々木のブラジルフェスティバルでも、ミニライブでブラジルの楽曲を披露されていたようです。

湖西市や、出身地であるブラジルに貢献する活動をされている面からも、性格いいことが伝わってきます。

3、エピソード③華道家で花を愛している

當間ローズさんは、モデルの写真撮影の時、花をくわえたり、花束と一緒に写っています。

これもキャラ作りでやっているのではありません。

花を大切に思っているのです。

當間ローズさんは、華道家です。

2022年6月8日には、愛知県豊橋市の老舗ホテル「アソシア豊橋」で生け花をされました。

アソシア豊橋は、25周年を迎える、豊橋駅直結の老舗豪華ホテルです。

慈善活動でも花をプレゼントしているようです。

當間ローズさんが女性にお花をプレゼントする様子をテレビで度々目にしますが、大切な花を渡す、愛情深い内面が伝わってきますね。

4、まとめ

今回は、當間ローズさんが性格いいエピソード3選をお伝えしました。

恋愛リアリティ番組や筋肉の印象が強い當間ローズさんですが、内面は愛情あふれる性格いい方ということが伝わったのではないでしょうか。

他にも當間ローズさんはアニメ好きだったり、歌が上手であったり魅力たっぷりの方です。

當間ローズさんのご活躍、これからも応援しております。

Let's share this post !
TOC