台風14号(2022年)目黒川・神田川が氾濫危険水位に(9月18日)動画も

2022年の台風14号。

雨の影響などで、関東でも局地的に河川の水位が上昇しています。

9月18日昼ごろ、東京都の神田川と目黒川が氾濫危険水位を越えました。

目次

1、【台風14号】神田川・飯田橋観測所、氾濫危険水位を一時的に越える(2022年9月18日)

2022年9月18日、台風14号の影響による神田川の水位上昇の様子がこちらです。

午後1時ごろ、神田川・飯田橋観測所では氾濫危険水位を一時的に越えましたが、神田川・環七地下調節池で取水が始まり水位が下がった模様です。

2、【台風14号】目黒川・青葉台水位観測所、氾濫危険水位越え(2022年9月18日)

9月18日午後1時、東京・目黒川の青葉台水位観測所で氾濫危険水位越えました。

3、まとめ

9月18日から台風14号が通過するまでは関東で局所的に大雨が続き、水位が急激に変化することも予想されます。

各河川のリアルタイムの水位は、自治体のホームページやYouTubeのライブカメラで確認できます。

他の河川も水位が上昇しています。

※9月18日午後2時40分、三鷹市・野川の大沢池上観測所で氾濫危険水位越え。

台風14号について気象庁の最新情報に注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる